福田里香さんの「まんがキッチン」。

まんがキッチン Book まんがキッチン

著者:福田 里香
販売元:アスペクト
Amazon.co.jpで詳細を確認する

オノマトペをテーマにしたスイーツレシピ本や、4つの甘みをテーマにしたスイーツレシピ本など、ユニークな切り口でレシピ本を展開している福田里香さん。

これ、古本屋で見つけて買ったんですけど。

テーマは「まんが」。

福田さん、こんなに、漫画好きだったんだ~

古今東西の日本の少女漫画をベースに、そのまんがにちなんだスイーツとレシピを考案してある。そして、福田さんが愛するその漫画にちなんだフードエッセイがぎっしり。

ちなんだ、とはいえ、
「のだめカンタービレ」の、のだめちゃんがしょっちゅう叫んでる「ぎゃぼ!」のオノマトペからイメージした「ぎゃ棒」は、マシュマロクリスピーバーだし、発想がめちゃくちゃおもしろいのです。

そして、まんがにおけるフード描写からの心理描写へのアプローチ論議は、心理学者並みの鋭さでして、漫画家さんとの対談も4つほど載っているのですが、漫画家さん本人が無意識に描いていたフード描写を、福田さんの鋭い分析に、思わず気づかされてしまうという展開も多々あり。

社会心理学を専攻していた学生時代、研究室や先輩の卒論・修論のお手伝いやバイトをしたことがあるのですが、まんがにおける男女の役割描写のデータ分析とか、そういうのもありました・・・。

いま私がも一度卒論書くなら、もしかしたら、まんがのフード描写と心理描写との関連について、描いてみてもおもしろいかもなー
でも、福田さんがすでにしっかり分析しちゃってるから、ボツかも!(^^)!

「食べる」シーンを描くことで、腹の底を見せる、という分析は、おもしろい。
とにかく、腹を割って話をするときは、食べたり飲んだりする。
腹を割って食べ物をいれて、心を開くのかしらね(=^・^=)


「西洋骨董洋菓子店」のよしながふみさんとの対談もあり、よしながさんの本にも、福田さんとの対談が載っているそう。

よしながさんのフード描写もかなりおもしろいので、福田さんとの対談やフードエッセイを軸に、いろいろまんがの「フードを読んで」みたくなりました。

それに関連して、映画やドラマのフード描写も、興味深く見てみたいな。
かもめ食堂、とか。
かもめ食堂、ビデオにとってあるんだけど、なかなかみてないので、見よう、見よう。

それから、福田里香さんが小学生のころかいていいらしたイラストレシピノート。

私も、何冊も何冊も描いてたの・・・

同志だわ(=^・^=)

きのう何食べた? 1 (モーニングKC) Book きのう何食べた? 1 (モーニングKC)

著者:よしなが ふみ
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

"くり返し焼いて見つけたお気に入りレシピ" ちいさな焼き菓子とおすそわけスイーツ

"くり返し焼いて見つけたお気に入りレシピ" ちいさな焼き菓子とおすそわけスイーツ

著者:稲田 多佳子

何冊か、たかこさんの本は図書館で借りて読んでいますが、ほんとに、お菓子作り、上手いんですよね~たかこさん。
とてもアマチュアとは思えないわ。

これは、手土産にしやすいお菓子をまとめてあって、小さな焼き菓子、ロールケーキ、チーズを使ったもの、イーストを使ったものなど、バリエーション豊かに載っています。デコレーションはほんとにシンプル。焼きっぱなしのものも多い。

スコーンをイーストで作っちゃったら、っていうの。
私も同じような発想をして本館にもレシピがありますが、プロはなかなか考えない素人・主婦ならではの発想があったりなんかして、共感します。

これは食器棚の脇に1冊あると便利な本かな~
何冊もシリーズでもっているかたはどうなのかしら?
他のももちょっとみてみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

かわいい映画のかわいいレシピ。 (ワニムックシリーズ (91))

かわいい映画のかわいいレシピ。 (ワニムックシリーズ (91))

かわいい映画のかわいいレシピ。 (ワニムックシリーズ (91))

映画からインスピレーションされたレシピ本は何冊も出版されていますが、これはちょっと「かわいい」映画のものを。
アニメものが多いんですよ。ディズニーのわんわん物語とか、ジブリの千と千尋の神隠しとか、ハウルの動く城とか、ピングーとか・・・
昔のものもありますが、割と今の子供たちがオンタイムで見ている映画も多いのです。

だから、親子で楽しむには、ぴったりの本かもしれません。
目玉焼きトーストみたいなものから、レンジで作るシフォンケーキなど、割と簡単に作れるものも多いので、夏休み、楽しめるかもしれませんよ。

パート2も出たようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デイリーマフィン&おめかしカップケーキ

デイリーマフィン&おめかしカップケーキ

著者:石橋 かおり

デイリーマフィン&おめかしカップケーキ

ちょっと装丁が面白い本。
表紙はデイリーマフィン・・・かと思いきや、この本を180度くるりと回転させると背表紙に「おめかしカップケーキ」の表紙が。
綴じた中心をマフィンとカップケーキの集合写真で。

だから、今日はデイリーで、きょうはおめかし・・・で、と思ったら、くるりとひっくり返した側からめくっていくとレシピが見やすい、というわけ。

おめかしカップケーキのデコレーションも、アイシングや、砂糖漬けの花、モンブラン仕立てやクリームも多彩。
デコレーションケーキに比べて、持ち運びも割としやすいものが多いので、お土産やプレゼントもしやすいかも。

マフィン・カップケーキ好きには必携の本かも(=^・^=)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

アメリカをたべるパイ

アメリカをたべるパイ Book アメリカをたべるパイ

著者:猿谷 要,石原 まり
販売元:雄鶏社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アメリカの各州にちなんだバラエティ豊かなアメリカンパイの本。

アメリカらしい素材のピーカンナッツやルバーブ、ピーナッツバターなどが使われていて、素材によっては手に入りにくいものもあるかもしれませんが、最近はかなり流通してきている素材も多いので、ぜひ挑戦してみたいもの。

アメリカの暮らしやそれにちなんだパイのエピソードも楽しい。

作り方はオーソドックスでそんなに難しくないものばかり。

この本は図書館で借りたのですが、手元におきたくて、購入検討中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たかこさん&みかさんの大切な人と一緒に食べたいお菓子とパンのレシピ

たかこさん&みかさんの大切な人と一緒に食べたいお菓子とパンのレシピ たかこさん&みかさんの大切な人と一緒に食べたいお菓子とパンのレシピ

著者:稲田 多佳子,門間 みか
販売元:宝島社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

たかこさん、みかさんの本はシリーズになっているようで、過去にも何冊も出ているようです。

たかこさんは普段は普通の主婦、みかさんはパン教室をやってらっしゃるようです。ネット発というか、たかこさんがつくっているお菓子のHPの人気が、本の出版につながったようです。

いい意味で素人っぽさというか、ふつうの主婦っぽさ、ちょっと暮らしを楽しくする等身大のアイディアがあふれている本だと思います。

つくるレシピも、難しくプロセスに凝ったものはなく、でも、どこかアイディアがつまったというか、ひとひねりひらめいてできたレシピ、といったかんじでしょうか。

みかさんのパンはリッチ生地とリーン生地のふたつのレシピとプロセスを基本にして、そのどちらかを使って作るようになっています。

そして、12ヶ月、四季折々の工夫を凝らしたふたりの往復書簡風のレシピと本の構成が楽しめます。

ふつうのおうちに、一冊あると楽しめる本、といったかんじでしょうか。

図書館で借りたのですが、一冊手元にあるとちまちま作ってしまいそうな気がしました。でも、これぞといって、ひとつコピーしてレシピを写すという感じではなく、ぱっと開いて「今日はこれつくろ」といったかんじの本。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おやつにするよ

おやつにするよ―3時のごちそう手帖 Book おやつにするよ―3時のごちそう手帖

著者:平澤 まりこ
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

手書きのイラストと文字がかわいい、食いしん坊備忘録のようなおやつ集。見てるとわくわく、たのしくなってきちゃいます。

しかも、不思議と私の本館(Nyanyahoi's Cafe)とつぼがにていて。

東急沿線にお住まいなのかしら? けっこう東急沿線に最近強くなってきた私と似通うつぼのおみせがけっこう。

さらに、ふるさとネタもかぶります。

山親爺のくまが好きだったり、青森といえばシャイニーアップルジュースだったり・・・

くすくす。

手土産選びにもたのしいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

贈りたい・贈られたい 東京手みやげスイーツ

東京手みやげスイーツ―贈りたい贈られたい 東京手みやげスイーツ―贈りたい贈られたい

販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2005年12月の発行で、比較的新しい手みやげガイドです。

老舗もありますが、比較的新しいパティスリーから、ここ10~20年の人気店が中心。

ここ20年ぐらいで、かなり多彩な腕利きのパティスリーが増えましたものね。

本格的なフランス的パティスリーから、昔懐かしい洋菓子の世界まで、手土産やお取り寄せによい、持ち運びのしやすいお菓子が紹介されています。

私の大好きなシェ・リュイのカヌレや、グラン・クリュのダコワーズ、マキシム・ド・パリのミルフィーユなど、本館のNyanyahoi's Cafeでご紹介しているお店も結構載っています・・・が、次々に現れる人気店の情報にはやっぱりついていけず・・・

あ、こんなところに、なんて新しいお店の発見もあったり。

ただ、郊外も多いので、地方から買いに行くには、結構悩んでしまったりする場所のもありますね。

でも、ちゃんと全部、地図つき。

そして、洋菓子のみです。和菓子はありませぬ(=^・^=)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

絵本の中のレシピ

絵本の中のレシピ 絵本の中のレシピ

著者:Goma
販売元:学研
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アラキミカさん、遠藤順子さん、中村亮子さんの、3人のトリオで、食べ物を中心にしたさまざまな活動をしてらっしゃるユニット「Goma」

AfternoonTeaのwebサイトではじめてGomaさんを知りました。

かわいいんだよねぇ。

絵本に出てくるお菓子をつくる「絵本の中のお菓子」本は多いのだけど、Gomaさんは、絵本に出てくる世界を、お料理やお菓子で「描いて」いるのです。

本のセレクトも、皆がみな知っている本ばかりではないけれど、見るだけでも十分本の世界はつたわってきます。

うちにはたまたま、こじぞうがクリスマスにいただいた「ちいさいおうち」の本があるので、この本の世界がGomaさんのお皿の上に十二分に表現されていたのがわかりました。

ちいさいおうち ちいさいおうち

著者:ばーじにあ・りー・ばーとん,いしい ももこ
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そして、こないだ本屋さんで立ち読みした、ロバート・サブダのクッキーの飛び出す絵本。

Cookie Count: A Tasty Pop-Up Cookie Count: A Tasty Pop-Up

著者:Robert Sabuda
販売元:Little Simon
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これに出てくるクッキーのページが、本物のクッキーで立体的に表現されていて、これは感激しました(=^・^=)

作るの目的でもいいし、見るの目的でもよい、楽しい食べ物の「絵本」です(=^・^=)

こんなの、みんなで作るパーティしても、楽しいだろうね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

つやぷる美肌のアジアンスイーツ

つやぷる美肌のアジアンスイーツ

著者:菅原 明子
販売元:司書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

韓国や中国、ベトナムやインドネシアなど、アジア各国のスイーツを、美容・健康効果と体温へ対する効果「寒・中・温」の分類で紹介されています。

いらいらしたとき、風邪を引きそうなとき、お肌をきれいにしたいとき、ダイエット、アンチエイジングなど、場合によって使い分けてみるのもおもしろそうです。

アジアのお菓子は豆やゴマなどの種子類を多く使ったりと、共通点も多く、まとまりのある内容になっています。

韓国のホットックの作り方も、載っていますよ(=^・^=)

新大久保で焼きたてたべたの、ホットック。おいしいんだよねぇ~(=^・^=)

表紙が見つからなかったのですが、表紙は、ホットックですよん。

マンゴープリンや豆花、ドリンクの作り方なども乗っています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)