小林カツ代まるごとマガジン vol.2 (2)

小林カツ代まるごとマガジン vol.2 (2)

小林カツ代まるごとマガジン vol.2 (2)

小林カツ代さんって、大好き。
ぱっぱとしてて、明るくって、んでもっててきぱき、ぱっぱとご飯を作る。
気取らないけど、つぼを押さえてちゃちゃっと料理。
缶詰なんかもつかっちゃう。
栗芋のごはんには、甘栗もつかっちゃってたな(おいしかったよ)

息子のケンタロウさんが子供のころから、カツ代さんは働くお母さんだったので、わりとぱぱっと作れておいしい料理が多いのよね。

こだわって凝って作りたいときもあるけど、台所の食器棚の脇に1冊カツ代さんの本があると、晩御飯のとき煮詰まらない。

Saita mookからでたこの本は、ムックだから、雑誌のように置いておいて、使い倒してぼろぼろにしちゃってももったいなくない。
しかも、季節ごとにでてくるカツ代メニュー。

助かります。

小林カツ代まるごとマガジン vol.1 (1) (saita mook)

小林カツ代まるごとマガジン vol.1 (1) (saita mook)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野菜(色)引きシリーズ

色とごはんのはなしを書きましたが、先ほどの本と同じ頃、こんなシリーズものをみつけたのです。

黄野菜 Book 黄野菜

著者:舘野 鏡子
販売元:マーブルトロン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

緑野菜〈上〉 Book 緑野菜〈上〉

著者:舘野 鏡子
販売元:マーブルトロン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

野菜引きレシピvol.3 - 緑野菜 下 Book 野菜引きレシピvol.3 - 緑野菜 下

著者:舘野 鏡子
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

黒野菜 Book 黒野菜

著者:舘野 鏡子
販売元:マーブルトロン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

白野菜 Book 白野菜

著者:舘野 鏡子
販売元:マーブルトロン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

野菜引きレシピvol.4 - 赤野菜 Book 野菜引きレシピvol.4 - 赤野菜

著者:舘野 鏡子
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

気になって、まだ全部はのぞいていないのですが、黒野菜を見てみました。きのこ、サトイモ、ごぼうなど・・・

赤野菜はトマトやパプリカ・・・緑はアスパラやブロッコリー、葉野菜・・・

などなど。

色から引くもよし、冷蔵庫や八百屋さんの店頭で相談しながら見るもよし。

自然と、野菜をたくさん使ってしまうような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラーセラピーとごはん

おいしい色レシピ―心と体にカラフルエッセンス Book おいしい色レシピ―心と体にカラフルエッセンス

著者:成瀬 紀子
販売元:新紀元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

こんな本を見つけました。最初にカラーセラピーのように色占い的なものが載っていて、各色の持つ意味、そしてその色を選んだあなたの心理状態、そしてその色が放つ効果、といった感じ。

オーラソーマやカラーセラピーの本はいくつもあって、色の癒しを信じている私はよく読んだりサイトを見に行ったりするのですが、

たとえば

オーラソーマ・ボトルメッセージ  色の暗号―カラーセラピーで知る本当のあなた  心を元気にする色彩セラピー―色が気持ちを変えてくれる!

「心を元気にする色彩セラピー」の本は、仕事で行き詰ったとき・・・10年以上前でしょうか、買って見入った本でした。

そうよね、食べると元気になるんですもの、食べ物や食卓の色を生かさない手はないですよね。

元気がないときってメニューも決まりづらいもの。そういったときにのぞいてみると、いいヒントが見つかるかもしれません。

色ごとにレシピが載っています。青は食品にはなかなかないので、テーブルコーディネートのヒントでした。ランチョンマットやお皿なんかも、いろんな色を持っていると、こういうときに活躍するかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

しあわせのひとりごはん

しあわせのひとりごはん しあわせのひとりごはん

著者:星沢 幸子
販売元:角川書店北海道
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最近私もひとりで昼ごはんを食べることが多くなりました。

こじぞうは給食、ぽこ坊はお弁当。こじぱぱは会社。

ついつい、めんどくさくなって、お財布に余裕があるときはふらふらとカフェやファーストフードやパン屋に吸い込まれそうになっちゃう。

それを阻止しようと、最近、あれこれ画策をしているのですが。

それで、この本を図書館で借りてみました。

手書きのタイトルに、中にも時々手書き文字。なんとなくほっこりしています。

使う調理器具や食器をを少なく、簡単に作れてなんとなくお洒落な気分でたべれそうな簡単レシピがいっぱい。

イメージを膨らませて、おうちご飯を楽しんでみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野菜1個のイタリアン

野菜1個のイタリアン 野菜1個のイタリアン

著者:山田 宏巳
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

リストランテ・ヒロのオーナーシェフ、山田宏巳さんの、野菜中心の料理の本。ピクルスや、少しだけデザートも載っていますが、すべて野菜からつくるもの。

イタリアンがベースになっていますが、イタリアンでは使わなさそうな大根や長いも、下仁田ネギなども使っています。野菜一個から作れるレシピもあり、材料もシンプル。

栗ご飯の焼きおにぎり風のおやきは、パルメザンチーズが入っていたり、ローストにもオリーブオイルが使われていたり、シンプルな材料で作れつつ、イタリアンのスパイスが効いています。

でも、ねぎの天茶(茶漬け)、うまそうなんだよなぁ。食べたいなぁ。大根のステーキもおいしそう。

野菜のやっつけかた?操りかたも独特のことばで表現されており、

にんじんには汗をかかせる、とか、キャベツは表から8枚目までが主人でそれより中は家来、とか。

野菜好きの方にはぜひ試してほしい本だと思います。

そして、作り方がシンプルなので、初心者にも向くかな。冷蔵庫や台所の隅に転がってるちょっとした野菜が1品プラスどころか、メインディッシュに昇格するかも???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絵本の中のレシピ

絵本の中のレシピ 絵本の中のレシピ

著者:Goma
販売元:学研
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アラキミカさん、遠藤順子さん、中村亮子さんの、3人のトリオで、食べ物を中心にしたさまざまな活動をしてらっしゃるユニット「Goma」

AfternoonTeaのwebサイトではじめてGomaさんを知りました。

かわいいんだよねぇ。

絵本に出てくるお菓子をつくる「絵本の中のお菓子」本は多いのだけど、Gomaさんは、絵本に出てくる世界を、お料理やお菓子で「描いて」いるのです。

本のセレクトも、皆がみな知っている本ばかりではないけれど、見るだけでも十分本の世界はつたわってきます。

うちにはたまたま、こじぞうがクリスマスにいただいた「ちいさいおうち」の本があるので、この本の世界がGomaさんのお皿の上に十二分に表現されていたのがわかりました。

ちいさいおうち ちいさいおうち

著者:ばーじにあ・りー・ばーとん,いしい ももこ
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そして、こないだ本屋さんで立ち読みした、ロバート・サブダのクッキーの飛び出す絵本。

Cookie Count: A Tasty Pop-Up Cookie Count: A Tasty Pop-Up

著者:Robert Sabuda
販売元:Little Simon
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これに出てくるクッキーのページが、本物のクッキーで立体的に表現されていて、これは感激しました(=^・^=)

作るの目的でもいいし、見るの目的でもよい、楽しい食べ物の「絵本」です(=^・^=)

こんなの、みんなで作るパーティしても、楽しいだろうね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

栗原はるみのジャパニーズ・ホーム・クッキング

栗原はるみのジャパニーズ・ホーム・クッキング 栗原はるみのジャパニーズ・ホーム・クッキング

著者:栗原 はるみ
販売元:扶桑社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この本は、栗原さんが2004年度の、グルマン世界料理本大賞を受賞した本の日本語版です。

主に外国の人向けに、日本の家庭の食卓を気負わず紹介しています。

お茶漬けやお味噌汁、おべんとうといった日本人には当たり前のメニューを、世界の人にわかりやすく教えていますし、もちろん栗原はるみ流の、ちょっとアクセントの効いた簡単な家庭料理や、簡単に作れるデザートなども載っています。

お値段的にも、日本の栗原ファンには、ふつうの日本人向けの栗原本のほうがいいような気がしますが、外国の方に日本の家庭料理を振舞うのに、日本語版や外国語版で語彙や説明のはばをひろげる、といった目的にも使えそうな気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キッチンばさみcooking-包丁・まな板いらず!!

キッチンばさみcooking―包丁・まな板いらず!! キッチンばさみcooking―包丁・まな板いらず!!

著者:濱田 美里
販売元:アスコム
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前に載せた濱田 美里さんの本にトラックバックがついていたので、お邪魔してみると、濱田美里さんのHP のリンクがあったので、さらにお邪魔してみました。

お着物を普段着て生活されてらっしゃることや、著書も多いのですね。

その著書の中で、気になったものがあったので、備忘録として載せておきます。

キッチンバサミ、実は、我が家、4~5本はあるでしょうか。キッチンの必需品なのです。

今はなきくまじぃ(父です)が韓国に単身赴任していたころ、お土産にキッチンバサミもらったことがあって。

「韓国ではな、よく使うんだ」

実際、くまじぃのところに押しかけてみると、お店に行っても、よく使うんですよ。

骨付きカルビをお客さんの前でさばくのははさみですし、パン屋さんでは、ピザをはさみでちょきちょきしながら売っていました。

さすがに、ピザちょきちょきはインパクトが強くて、以来我が家もはさみで切っています。イタリアでも、ピザカッターなんかありますが、一般家庭でははさみできることも多いと聞いたことがあります。

以来、私もおうちではさみちょきちょき。たこさんウインナーもはさみで。菜っ葉を切るのもはさみが多いかな。つかんだまままな板なしでなべに入れられますし。

この本をのぞいたら、ますますキッチンバサミが活用できるような、そんな気がしてまいりました。

皆様もどうぞ。キッチンバサミ。一度活用できると

手放せませんよ。

Henckels ロストフライ料理バサミ 黒 Kitchen Henckels ロストフライ料理バサミ 黒

販売元:Zwilling J.A. Henckels (ツヴィリング J.A. ヘンケルス)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Zwilling 料理バサミ 青 Kitchen Zwilling 料理バサミ 青

販売元:Zwilling J.A. Henckels (ツヴィリング J.A. ヘンケルス)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (2)